漢字で書くと「越光」!?コシヒカリの豆知識や通販を利用するときのポイントをご紹介

こちらのサイトは、コシヒカリの豆知識や通販を利用して買い物するときのポイントなど初心者にもわかりやすく解説しています。
豆知識の中には、このお米の品種の特徴や漢字で書いたときには越光になるなど雑学も含まれます。
これらの情報は知っておくと役立つものですし、通販を利用して買い物するときは精米したての商品を選ぶのがおすすめであること、全国各地で栽培されているけれども本家がどのような地域になるのか幅広くご紹介することにしましょう。

漢字で書くと「越光」!?コシヒカリの豆知識や通販を利用するときのポイントをご紹介

コシヒカリがお米の中でも定番になっていることをご存じの人は多いかと思われますが、コシヒカリの名前の由来となったとき知らない人も多いのではないでしょうか。
漢字で書くと越光になるのですが、これは越後の国で光り輝くなどの意味および願いを込めて名付けられたといいます。
現代では、他の品種とかけあわせて有名なあきたこまちやひとめぼれ、そしてヒノヒカリなどのブランドが登場しているわけですが、これらは全てコシヒカリが原形になっているブランド米です。

コシヒカリは「後の国に光り輝く」などの意味がある

お米の王様とも言われるコシヒカリは、新潟県だけでなく北海道や沖縄県を除いて全国で作られている品種でもあります。
粘り気と旨味があるのが特徴であり、現在ではアメリカ合衆国のカリフォルニア州でも栽培が行われています。
大変有名なコシヒカリは、もともと農林1号と22号を掛け合わせて作られた品種です。
福井県が発祥なのですが、どうしても病気に弱くさらに倒伏してしまうことから、新潟県で栽培されるようになり、推奨品種に指定されました。
その後改良を重ね農林100号として世に出ています。
農林100号という名前でも良かったのですが、その当時カタカナ5文字が美しい日本語であるという命名のルールがあったためそのルールにのっとってコシヒカリと名付けられました。
漢字では越光と記し越の国に光り輝く品種になることを期待してつけられました。
今では全国的に栽培されていますが、コシヒカリには北陸もしくは後の国に光り輝くなどの意味があります。

コシヒカリの主な産地は新潟県の魚沼が有名

コシヒカリと聞くと新潟県と答える人が多く、新潟県はコシヒカリの有名な産地として知られています。
コシヒカリは大変歴史のあるお米であり、昭和19年新潟で2つのお米を掛け合わせて育成されました。
そのころの新潟米は鳥またぎ米と言われるほどの評価であり、昭和30年代まで全国的にも評価が低かったのですが、その当時の県知事が日本一うまいコメを作ることを指示し、徐々に作付面積もふやしていった経緯があります。
特に南魚沼地域は農家自体がコシヒカリの栽培に力を入れています。
この地域は雪が大変多いのですが、寒暖差が大きいことから稲がじっくり熟成されており、お米の中に旨味が詰まった状態になるのが特徴です。
また降り積もった雪が春になると溶け、その雪解け水が田んぼに供給されるのでミネラルを多く含んだ水で栽培されており、大変品質が良いです。
もっちりとした食感、旨味のある後味が特徴であり、魚沼の自然を生かしたお米は大変高い評価を得ています。

米の品種は260種類ほどあるけれどコシヒカリの栽培面積は最も多い

コシヒカリはお米の中でも代表的なブランド、誰もが一度は目にしたり耳にしていると考えられますし日本の主食はお米なので毎日食べている人も多いブランドといっても過言ではないわけです。
現在、日本の中で作付けされているおコメの品種は260種類あるといいますが、その中でもコシヒカリの栽培面積は最も多く平成26年度時点では全体量の約36.4%を占めます。
主な生産地は新潟県の魚沼が有名ではあるけれども、北は山形県(北海道や青森県は生産していません)、南は九州(沖縄県も栽培されていません)まで、全国的に栽培されていることが分かるのではないでしょうか。
なお、コシヒカリは全国各地で栽培されているお米になるのですが、これは東日本と西日本ではそれぞれ栽培された品種を先祖に持っているため各地で栽培ができるメリットへと繋げているわけです。
ちなみに、コシヒカリの先祖は大正から昭和初期にかけて東日本で最も美味しいとされた陸羽132号、同時期に西日本で最も美味しいとされた朝日、2つの品種をかけ合わせて誕生したものです。

コシヒカリ農家直送の通販サイトとは?

コシヒカリを購入するために通販サイトを利用しようと考えている人もいるのではないでしょうか。
そのような場合には農家直送のお店を利用するのも良いかも知れません。
お米の通販サイトには、卸売り業者が運営しているものと農家が運営しているものがあります。
一般的に農家直送のものは、その農家が栽培しているものを取り扱っているのが特徴です。
そのためコシヒカリの生産者の顔が分かり、身近に感じることが出来るというメリットがあります。
またこだわりの栽培方法で作られているお米を購入することが出来る場合も多いです。
あまり大量に一般のお店に流通しないような産地のお米も手に入れることが可能なのが、農家から直送しているお店の特徴でもあります。
ショップによっては注文した日に精米したものを届けてくれるような、鮮度にこだわったサービスを提供していることもあります。
新鮮なコシヒカリを手に入れることができ、自宅で美味しくいただくことができるでしょう。